<港区の小児矯正ガイド>子ども歯ならびパーク♪
<港区の小児矯正ガイド>子ども歯ならびパーク♪ » 子どもにありがちな症状と健康の関係

子どもにありがちな
症状と健康の関係

子どもにありがちな症状をまとめました。これらの症状は歯並びや健康に関係するのでしょうか。

子どものいびきや
口呼吸による健康への影響

お子さんは寝ている時いびきをかいていませんか?いびきは顎の発達が不十分なことが影響し、舌が奥に引っ込んで気道を圧迫してしまうため、引き起こされてしまう症状です。

また口呼吸も、気道が確保できていないため、鼻呼吸ができないことから起きてしまう症状です。口呼吸になってしまうと歯並びが悪くなる、虫歯になりやすいなど健康への影響があると言われています。子どものいびきや口呼吸による健康への影響をまとめました。

子どものいびきや口呼吸による
健康への影響をくわしくみる

子どもの鼻炎や中耳炎による
健康への影響

子どもの鼻炎の原因に花粉症やハウスダストからくるアレルギー性鼻炎、慢性的な副鼻腔炎などがあります。

鼻炎の場合は、耳鼻咽喉科の受診が基本的ですが、共に歯科医院への定期的な受診も大事なようです。中耳炎の主な原因は、風邪が長引くこと。中耳炎は激しい痛みが伴い夜泣きの原因にもなり、お子さんも親御さんも大変です。できるだけ早く耳鼻咽喉科の受診をしましょう。

子どもの鼻炎や中耳炎による
健康への影響をくわしくみる

子どもの寝相や姿勢による
健康への影響

子どもの寝相や姿勢の悪さは、歯並びに影響を及ぼすといわれています。子どもの「横向き寝」「うつぶせ寝」などがある場合は、できるだけ「仰向け」の姿勢で寝られるように工夫してあげましょう。

ゲームや読書に集中すると「猫背」になるお子さんが多いです。次のページでは、子どもの寝相や姿勢による健康への影響についてまとめました。

子どもの寝相や姿勢による
健康への影響をくわしくみる

子どもの口内炎による
健康への影響

子どもの口内炎は、さまざまな理由で発生します。痛みがあると食事を摂るのもつらくなるため、できるだけ口内炎ができないように気を付けながら、できたときは早めに治るように治療を行いましょう。

自宅でも湿度を保ったり睡眠時間をしっかり確保したりするなど、できる対策はたくさんあります。ここでは子どもの口内炎ができる原因と治療方法・予防方法を紹介します。

子どもの口内炎による
健康への影響をくわしくみる

(番外編)
赤ちゃんの頃からできる
健康対策

赤ちゃんの頃にいつも同じ方向で寝ていると、頭の形がいびつな形になってしまうことがあります。赤ちゃんの頃は、色々な方向に寝かせるなどをして、寝る姿勢を整えてあげましょう。

また間違った抱っこの仕方をしてしまうと、これも歯並びや健康に影響を及ぼすといわれています。とくに首が座る前の抱っこは注意が必要です。

正しい咀嚼も、歯並びにとって大事なので、咀嚼練習となる離乳食は、順序通り正しく進めるようにしてください。

赤ちゃんの頃からできる
健康対策をくわしくみる

子どもの先天性欠損歯による
健康への影響

先天性欠損歯とは、乳歯の下にある永久歯が歯の種ごとない状態のことです。日本小児歯科学会では、10人に1人の割合でみられるとの報告もあります。

乳歯は遅かれ早かれ脱落してしまうものです。乳歯がなくなるとそこに隙間ができるため、歯科治療が必要になります。そのため、先天性欠損歯は定期健診による早期発見が重要です。ここでは先天性欠損歯の治療方法をまとめました。

子どもの先天性欠損歯による
健康への影響をくわしくみる

【PR】
子どもの歯並びと
姿勢の関係性とは?